IDEOSで不要なプリインアプリの常駐を解除する方法

IDEOS android スマートフォン

IDOESを買って約1週間が経過。

割り切って使っている上で申し分ない一方、やはりSDに移行できないアプリケーションや、メインメモリが256MBしかないと言うこともあり、不要な常駐アプリを解除したくなってきた。

ダウンロードしたアプリはどうにでもなるものの、問題はプリインストールされているアプリ。特にtwitter。
本当は、iPhoneで使っているtwittlator PROが良いのだが、androidには移植されていないため、twiccaをダウンロード。
しかし、プリインされているtwitterは常駐を強制終了させても、androidを再起動するたびに起動してしまいなんとかならないかといろいろと探すと、やはり同じ思いの方はいるようで、大半の場合は、SDKをインストールして、root権限でイメージ自体のapkファイルを削除するという荒技を実施している様子。

少し悩んだが、ほかに手がないかと探したところ、完全削除とはいかないものの、以下のやり方で常駐を0Bytesにすることができました。

(1)android marketでks uninstallerをダウンロードする

(2)アプリを起動し、Uninstallを選択。不要な常駐アプリを選択する。

(3)(2)で、下段中央のフラスコみたいなアイコンを選択するとプリインアプリも選択できる。

(4)(3)でtwitterを選択。

(5)Uninstallを実行。

(6)削除できないものは、スキップ。削除できるものはそのまま削除できます。

(7)twitterアプリは完全削除できないものの、常駐については0Bytesにすることができます。

環境やものによって実行できないものがあるようですが、私の場合はこれでたいぶ軽くできました。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL