iPadゲット!!

Apple iPad

話題というか、日本でリリースが1ヶ月伸びたiPadを海外から輸入してなんとか入手(16GBWifi)。

連休明けになるかと思っていたのですが、連休中に届いたのでとりあえず簡単にレポート。

以下、メインは、Twitterのほうでツイートしていたので、これをタイムラインに沿って掲載します。

iPad
左からiPhone、Kindle2、iPad

まだ半日くらいですが、アップル(ジョブズ)がネットブックとは一線を画すモノだと言い切った理由がなんとなく分かる気がしました。

【外観】
外観

【開けたところ】
開けたところ

【入っている中身】
中身はこんだけ

【充電アダプタとUSBケーブル】
おなじみのケーブルとアダプタアダプタはMacのものを二回り小さくした感じ。ケーブルはiPhoneのものが流用できます。

【電源オン】
電源を入れてみたところ。案の定

【Mac(PC)との接続】
Macと接続開始

【iPadの画面の写り込み】
写り込みはすさまじい

【iPadとの同期開始】
同期開始。
同期開始その2

【「ブック」というタブ】
日本ではリリース日から開始されるのかな?

【AppStoreへのアクセス制限】
AppStoreにアクセスしようとするとはねられます

【iPadでの再生画面(ムービー)】
再生その1
再生その2
再生その3

【iPadガイドという項目があるものの】
ガイドはあるけど、当然まだ英語

【ブラウジングは超高速】
ブラウジングがとにかく早い
Twitterのサイトもすでに最適化されています

【iPhoneアプリ再生】
再生その1
再生その2
再生その3

【自動ロックの時間】
自動ロックの時間はiPhoneよりも眺めです

【マップアプリが少し違うみたい】
渋滞はロックがかかっていて利用できない
PC版に近い感じ

【iPad壁紙設定画面】
壁紙は起動時とホーム画面と選べます

【産経新聞アプリでの差異】
iPadで起動。アプリとフォント2倍サイズ
iPhone→ iPhoneで起動。フォント4倍サイズ

とりあえず結論で言うと、ちょっとズッシリ感はあるものの、総じて、iPhoneを触ったときの感動有り!!

普通にメールとネットだけなら、iPadで十分という感じです。

【購入】 iPad

JUGEMテーマ:iPad


KindleはKindleで本を読むには良いガジェットなのですが、やはり色つきの本や新聞等を考えると、iPadが普通の液晶を採用した点はよく考えられているなぁと感心します。(いわゆる枯れた技術)

フォトスタンドにもなるし、アプリもあるし。。。で言うことナシです。
iPhoneもそうだったのですが、触れば触るほど驚きが出てきます。
今後アプリが揃ってくるとますます手放せなくなりそうです。(とりあえず、早く実機からAppStoreに接続できるようになってほしい)

iPadを高級ネットブックだとか言っている人がいますが、触るとネットブックとの違いは明らかです。
日本では16GBWifi版が5万を切るくらいの価格でリリースされると噂されますが、現在でこそ、プレミア価格がついてますけど、無理でも入手するだけの価値はあります。
個人的には、8万くらいでも良いかなという感じのハードです。

ただ、来年の今頃、軽くなったモノが出てきそうだなぁ…。
(その前に夏に4Genが出るんだろうけど)
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL