スペシャルシチー[引退]

 スペシャルシチー #umanushi


母方の父がミルジョージ。父が、あのスペシャルウィークと言うことで出資しました。 

体格はバッチリ。父の血を十分受け継いでいれば、早熟型だと思うのですが、初陣となった平成16年12月18日の中山新馬戦では、全く走る気力なしという感じで途中から失速し、ビリっけつ 

第2戦の中山未勝利戦(ダート)ではそこそこ健闘したモノの、やはりサッパリ。 
第3戦となったダート未勝利戦では5着と、上昇傾向が見えてきて、約2ヶ月ぶりの参戦となった第4戦の未勝利戦で待望の1着が期待されたものの、8着と後退気味に 

第5戦は、6月11日以降…と告知されていたのに、突如、29日東京第2競走未勝利戦出走するも6着。但し内容的には悪くない結果 

そして、第6戦は、一転芝2000mに出走し、最後もう一つ伸びがなかったモノの、2着に 

いよいよ次のレースで初勝利か?!と思った第7戦は、うってかわって7着に後退 

これでもかの8戦目も同様に7着。 
背水の陣で望んだ9戦目はなんとか2着で、もう一回競走する権利が与えられるモノの、すでに崖っぷち。 
そして、いよいよ初勝利か?と挑んだ10戦目は4着に後退… 

このまま引退かと思ったモノの、どうも、他の一口オーナーからの存続希望が多く、格上挑戦で継続することになったようで、11戦目の3歳上に挑むが、結果は12着と散々たる結果 

立て続けというわけではないが、後に引けなくなったのか、12戦目を同様に調整するが、5着。結果だけ見ると上位だが、1着との差は6馬身差弱とパッとしない結果。 
久々の13戦目はうってかわってダート戦。 
当然のことながら、全く良いところなしというかやる気あるのか?と言う14着馬と7馬身差の15着。 
そして、14戦目の背振山特別は、やはりと言うか、12着という散々たる結果。 
15戦目の紫川特別では、6着。 
ただ小倉の開催中は連闘で使うことで進められていたようですが、結局成績から優先出走権がないため、出走できず、2月10日付けで登録が抹消されたようです 

[2006/Feb/10Update] 
登録抹消 引退が決定したようです (未確認情報) 


■■基本データ■■ 
牡馬・黒鹿毛・平成14年5月15日生まれ 
調教師:山田 要一調教師 

■■血統■■ 
父 スペシャルウィーク  母父 ミルジョージ 
母 ヴィーナスシチー   母母 ルサム 

■■戦績■■ 
2006/02/04 紫川特別          6着 
2006/01/22 背振山特別        12着 
2005/12/11 ダート1700mサラ系3歳上 14着 
2005/11/05 芝2000mサラ系3歳上   5着 
2005/10/23 芝2000mサラ系3歳上   12着 
2005/10/02 芝2000m未勝利      4着 
2005/ 9/10 芝2000m未勝利      2着 
2005/ 8/14 芝1800m未勝利      7着 
2005/ 7/16 芝2200m未勝利      7着 
2005/ 6/26 芝2000m未勝利      2着 
2005/ 5/29 ダート1400m未勝利    6着 
2005/ 5/ 8 ダート1400m未勝利    8着 
2005/ 3/26 ダート1200m未勝利    5着 
2005/ 1/10 ダート1200m未勝利   14着 
2004/12/18 芝1200m新馬      12着
トラックバック
この記事のトラックバックURL