ファイアマーシャルの2017

2018年度東京サラブレッドクラブの募集馬は
ロードカナロア産駒で、母父ディープインパクト産駒のファイアマーシャルの2017を2口応募しました。
募集当初は、藤沢厩舎のラストグルーヴ17や中内田厩舎のビジュアルショック17に人気が集まり
本馬はあまり人気がなかったようですが、結局満口になったようです。

 

キンカメとディープは爆発力のある馬が結構出てくるので活躍してくれることを祈りたいです。

 

fire

 

■■ 基本データ ■■
牝馬・鹿毛・平成29年3月6日生まれ 
調教師:松永幹夫

 

■■ 血統 ■■
ロードカナロア 母父 ディープインパクト
ファイアマーシャル 母母 ブッシュファイヤー

 

■■ 近況(詳細) ■■

19.01.15 : 社台ファーム

マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重450キロ。
週3回坂路をF18秒、週2回周回ウッドをキャンター2000m、週1回トレッドミルキャンターのメニューで調整しています。まだ体を使いきれていませんが、先週の坂路を53.7-35.2-17.1で動きました。力みがちになりながらこれを楽にマークするのですから脚力はありますし、前後の連動がうまくいくようになれば、もっと楽に走れるようになります。毛が長めで見た目の変わり身はいまひとつですが、その分、今後の変わり身も大きいと思います。

(2019.01.15)

 

社台ファーム

マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重444キロ。
周回ウッドコースのキャンターを主体にトレッドミルも併用して乗り進めています。順調ですが多少四肢に疲れが出やすいので、しっかりケアしながら稽古に臨ませています。まだ馬が若いので、芯からしっかりした体作りを心がけていきたいですね。それでも全体の厚みや張りは増していますし、以前に比べたら逞しくなりました。そしてこの馬の良さは反応面にあります。指示に対する初速の速さは言うことがありません。今後の成長が楽しみになってきますね。

(2018.12.25)

 

社台ファーム

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。471キロ。
担当スタッフ「まだ背中に少し張りは残っていますが、入厩当初に比べると良くなっています。元々歩様に硬さがあるので、今程度なら問題ないですし、この後もしっかり乗り込んでいきます。飼葉は食べていて体はフックラしてきています」

(2018.12.07)

 

社台ファーム

マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重430キロ。
週4回、周回ウッドコースのキャンターをメインに、合間にトレッドミル調整も織り交ぜています。競走馬としての自覚の芽生えが早く、普段から落ち着き払った様子で稽古に臨んでいます。乗り進めても体は減りませんし、馬体全体、特にトモに厚みと張りを増し、430キロ台とは思えないほど逞しくなってきました。肩の出や踏み込みの力強さもパワーアップしていますし、この中間で大きく上昇した一頭といえますね。体の使い方にも柔軟性があって全体的に得点の高い馬です。

(2018.11.30)

 

馬体重423キロ。
馴致場での駆け足訓練に取り組んでいます。入場後も落ち着きがあって調整は順調です。現状小柄ですが、四肢の動きが大きくて正確、体を大きく見せるフットワークが印象的です。以前より確実に肉付きも良くなっており、周回走路でどのような動きを見せてくれるか楽しみです。近日中にも周回ウッド入りの予定です。

(2018.10.31)

 

10月4日(木)社台ファームに移動します。
(2018.10.04)

 

社台ブルーグラスファーム
馬体重421キロ。
夜間放牧と日中の乗り馴らしを行っています。ここにきて馬体が充実してきましたね。毛艶が良くなると同時に胸部やトモの厚みが増し、寂しかった腹回りの充実ぶりが特に目立っています。動きも力強くなり、踏み込みも見違えるほど良くなっています。馴致に関しても覚えが早く手がかかりません。この調子で進めていきます。
(2018.09.28)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL