レッドフレイ ゴールドアリュール産駒

東京サラブレッドクラブの2016年度募集馬。

 

ラストクロップのステゴ産駒もいたものの、母系の血統がいまいちで見送り、
オルフェーヴル×アクアシャンデリア(母父ガリレオ)
ヴィクトワールピサ×デルモニコキャット(母父ストームキャット)の二頭と迷い迷って、
最終的に、コンスタントにダートで稼げる馬の方が良いのではないかと言う観点から、
この、ゴールドアリュール×アウトオブタイム(母父パニス ※ミスプロ)に決めました。

 

2017年7月12日木村厩舎に入厩。デビューは秋の中山あるいは東京で調整中!

 

outoftime

 

■■ 基本データ ■■
牝馬・鹿毛・平成27年3月16日生まれ 
調教師:木村哲也

 

■■ 血統 ■■
ゴールドアリュール 母父 パニス
アウトオブタイム 母母 マネッティア

 

■■ 近況(詳細) ■■

 

(ノーザンファーム天栄)
中間もトレッドミルで調整しました。まだ腫れは完全に引いてはいないものの、良化が見られたことから、昨日から周回コースでハッキング調整を開始しています。この後も脚元の様子を見ながら慎重に進めていきます。馬体重467キロ。

(2017.08.18)

 

(ノーザンファーム天栄)
入場後、軽めのハッキングで乗り出しを開始していましたが、右前脚の腱に腫れが見られたため水曜日にエコー検査を行いました。検査の結果、腱に異常は見つかりませんでしたが、念のため現在はトレッドミルの調整に切り替えています。この後も慎重に進めていく予定です。馬体重455キロ。

(2017.08.11)

 

(木村厩舎→ノーザンファーム天栄)
先週土曜日にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。
木村調教師「一息入れたほうが精神的にもよさそうなので、先週土曜に放牧へ出しました。体に傷んだところはなさそうですし、この後の馬の様子を見ながらですが、9月に戻して東京開催で使えたらと考えています」

(2017.08.09)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
8/3(木) 坂路 57.0−42.3−28.0−13.3 馬なり
助手「今日は坂路で追い切りました。ラストは15を切るくらいのつもりでしたが、こちらが思うよりも前向きで最後は少し速くなりました。最後は合図を送る意味で手綱を押しましたが、きちんとそれに反応していましたし、問題ない動きだったと思いますよ。まだ走りが安定しないところもありますが、入厩当初に比べればしっかりして前向きさも出ているのでいいと思います」
木村調教師「ここまでやるのは初めてでしたが、いい動きだったと思います。ピリッとしたところがいい方に出ている感じですね。いろいろ考えましたが、やはり暑い時期に無理をしたくないですし、ここから馬体ももう一段階成長してくるはずなので、一度放牧に出してリフレッシュさせるつもりでいます。馬の様子や気候も見て決めていきますが、次の中山か、間に合わなければ東京でのデビューというつもりで考えていますよ。北海道から輸送、ゲート試験、追い切りとここまで頑張っていますし、まずは疲れを取って立ち上げてもらうつもりでいます。今のところ土曜に天栄に放牧という予定でいますよ」

(2017.08.03)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、南Dコースをキャンター。
助手「今日は軽く乗っておきました。たまにガーッとなるところはありますが、そのまま入れ込み続けるわけではなく、すぐに収まってくれますよ。まだこの時期の2歳ですし、そのくらいのほうが元気があっていいというくらいのレベルですね。普段もうるさいわけではないですし、入厩してから体重もあまり減らずにきています。今週で450キロ前半くらいでしたが、少し頼りなく見える部分もあるので、そのあたりがこれから成長してくるといいと思います」
木村調教師「昨日15-15くらいをやったので今日は軽くしておきました。昨日の動きも悪くなかったですし、入厩してから試験までひと通り頑張ってきていますが、ガクッと疲れがきたという感じではないですね。時折、気性面でのスイッチが入ることはありますが、上と比べるといい意味でのピリッとしたところがあるというふうにとらえています。今のところ、暑い時期は無理せずに一度放牧に出そうかと思っていますが、明日少しやってみての感じを見て決めるつもりでいます」

(2017.08.02)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、南Dコースをダクとハッキングで1周。
木村調教師「今日はペースを落として軽いメニューにしておきました。普段は幼い仕草を見せることもありますが、調教中は悪いこともしないですし、真面目に走ってくれるのがいいですね。体も大きく減ることなく張りや毛艶はいいですし、状態面は心配することなく進められていますよ。明日試験を受けるつもりでいますが、ここまでの感じだと受かるかどうか微妙な部分もあるので、だめだった場合はまた練習しつつというつもりでいます」

(2017.07.27)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。ゲート練習。
7/26(水) 坂路 62.6−45.2−30.1−14.7 馬なり
木村調教師「今日も坂路を上がった後にゲート練習を行いました。先週末から15-15くらいまで進めていますが、疲れも見せず体調も安定していますね。このくらいなら余裕をもって上がってきますし、変な癖もなさそうですよ。ゲートも練習の成果が見えてきていて、入りや中はもう大丈夫そうです。スタートも先週あたりよりは理解してきているようですし、この感じならそこまで手こずることはないと考えています。ここまでのフレイを見ていると、気性が難しいというよりもまだまだ子供なのかなという感じで、乗り手の扶助に対する反応もまだどうしていいのかわからないというふうに見えますね。それなら順々に教えてあげていけば問題ないことなので、徐々に成長していくと思いますよ。明日は楽をさせて金曜に練習がてら試験を受けようかと思っています」

(2017.07.26)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。ゲート練習。
7/20(木) 坂路 71.3−53.0−34.3−16.6 馬なり
木村調教師「今日も坂路を上がった後にゲート練習をしました。今日は1頭だったこともあったのか、入るのも躊躇していましたし、全く出る気がない感じで促しても出て行ってくれませんでした。昨日あたりから馬房に入る際にごねたりするなど気分屋な面を見せ始めているので、気性面は気を付けていかないといけないかもしれないですね。まだ本性は隠している感じです。明日からも引き続き練習していきますが、できるだけ誘導役をつけてしっかり教えながらやっていきたいと思います」

(2017.07.20)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。ゲート練習。
7/19(水) 坂路 72.0−53.6−35.5−17.7 馬なり
助手「軽く坂路を上がった後にゲート練習をしました。あくまで慣らしという感じで坂路を走らせましたが、特に癖もなく気性も大丈夫そうですね。硬さがないわけではないですが、このくらいなら問題ないですよ。ゲートは入りと駐立は大人しかったのですが、まだ出るのはわかっていない感じなので、引き続き練習していきます」
木村調教師「特に手がかかることもなくここまでは問題ないですね。輸送もあってさすがに牧場にいた時より体重は減りましたが、飼葉もそれなりに食べているので徐々に戻ってくるでしょう。まだゲートを出るというのを理解していないようなので、明日以降はそのあたりを重点的に練習していきますが、頭も良さそうなのですぐに覚えてくれると思いますよ」

(2017.07.19)

 

(木村厩舎)
乗り運動後、南Dコースをハッキングで1周。
助手「昨日入厩して来たばかりなので、今日は軽く乗って調整しました。気が入り過ぎて、上がって来てからも発汗が多かったのですが、初日なので問題ないと思います。今週いっぱいはじっくり乗って行って、来週からゲート練習も行う予定です」
木村調教師「少しハミにぶら下がって気負いながら走っていましたが、まだ緩さもあるので、これから乗り込んで行けば良くなって行くと思います。走りには硬さもなかったですし、気性も難しい感じはしなかったですよ。初日にしては悪くないと思います」

(2017.07.13)

 

(ノーザンファーム空港→木村厩舎)
本日、美浦トレセンに入厩しました。

(2017.07.12)

 

(ノーザンファーム空港)
馬体重469キロ。
担当スタッフ「この中間も週1回周回コースでキャンター2500m、週3回は坂路でみっちり鍛えています。馬体にメリハリがついて華奢な面が抜けてきました。それに伴い以前の硬さも解消されてきたので、コンスタントに速いところも消化できています。毛艶が抜群に良くて体調面も良さそうです。週2回坂路で2本乗る日を設け、1本目F15、2本目にF14というメニューを課していますが、疲れも見せていません。順調にきているので、今後も体調管理に気をつけながら更なる上昇を目指します」

(2017.06.30)

 

(ノーザンファーム空港)
馬体重465キロ。
担当スタッフ「この中間も坂路とコースを併用して順調な乗り込みが消化できています。週1回周回コースでキャンター2500mを乗り、週3回は坂路でF14〜16秒のラップで乗っています。馬体重にさほど大きな変化はありませんが、首差し、肩、トモ、お尻など必要なところによい筋肉がついて馬体にも重厚感が出てきたように思います。以前に比べれば硬さも解消してきましたし、全身のバランスも整って、調教の成果がしっかりと実になっているように感じますね。まだ良くなる可能性を秘めている馬だと思うので、引き続きしっかり乗り込んでいきます」

(2017.06.15)

 

(ノーザンファーム空港)
馬体重469キロ。
担当スタッフ「坂路主体に順調に乗り込んでいます。先週から週2回ほど2本乗りの日を設け、1本目に15-15、2本目に15-14とペースアップを図っています。いっとき見られた脚元の疲労感も今は解消し、不安なくメニューを消化できるようになりました。馬体の肌艶も良く体調面も問題ありません。このまま乗りながら更に筋肉の厚みを出していければと思います」

(2017.05.31)

 

(ノーザンファーム空港)
馬体重468キロ。
担当スタッフ「週3回坂路でF16程度のところを乗っています。この程度なら脚元の疲れにも影響は出ず順調に乗り込めています。馬体重も安定していて体調面にも不安はないですし、ここからF15ぐらいまでのところで様子を見ながら乗っていこうと思います。理想はもう一回り体を大きくすること。乗りながら厚みを出していくのが理想でしょう。もうひと変わりに期待しています」

(2017.05.15)

 

(ノーザンファーム空港)
周回キャンター2500m。馬体重464キロ。
担当スタッフ「前回の報告でお伝えした脚元の疲れは解消されたので坂路での調整を進めています。週3回F15-16のところを乗ってうち1回は2本登坂。馬体の硬さはありますが、それ自体はこの馬の特徴でもあるのでそこまで気にすることはないと思います。ただ、つなぎの硬さは疲労に繋がるケースもあるので、そこはしっかりケアしています。この手のタイプはがっしりとしてダート向きとも思うのですが、本馬の場合はまだ線の細さもありますので、乗りながらボリュームアップにつなげていきたいです」

(2017.04.28)

 

(ノーザンファーム空港)
周回キャンター2500m。馬体重467キロ。
担当スタッフ「4月に入って少し脚元に疲労の色が見えたこともあり、リフレッシュも兼ねて周回コースでキャンター2500mの調整にとどめています。一度F15のところまでいったのですが、もう少し様子を見ながら進めた方がいいかもしれませんね。楽をさせたことで馬体重は増えましたが、太めという感じはなく、元のメニューに戻すに当たっては好都合かと思います。馬体やつなぎに硬さのある馬なので、そうしたところが脚元への負担に繋がるケースもありますので、しっかりケアしながら進めていきたいです」

(2017.04.14)

 

(ノーザンファーム空港)
週1回900m坂路×2本(F17)、週2回900m坂路×1本(F16)、週1回周回キャンター2500m。馬体重457キロ。
担当スタッフ「週3回の坂路と週1回のキャンターを順調に消化しています。この中間、目立った変化はありませんが、F16秒のところを休まず乗り進めて馬体に実が入ってきた感じがします。坂路の走りも安定感が出てきましたし、着実に力をつけています。ただ、まだ腰高で今後の成長が見込める馬体ですし、もう少し全体にボリュームを出していきたいという思いはあります。今後のペースアップに関しても体の成長度合いを見ながらになりますが、4月に入って疲れなどが出ていないようなら週1程度から15-15を始めてもいいと思っています。肌つやもよく体調面は良好です」

(2017.03.31)

 

(ノーザンファーム空港)
週2回900m坂路×2本(F17)、週1回900m坂路×1本(F16)、週2回周回キャンター2500m。馬体重460キロ。
担当スタッフ「引き続き順調に乗り込みを消化しています。坂路主体に週3回、2本乗る日はいずれもF17秒、週1回はF16秒までですのでメニュー的には前回と変わりありません。動きに多少硬さがあるので、やはりゴールドアリュールの子らしくダートが合いそうです。馬体だけ見るとそこまで筋骨隆々というタイプでもなく軽い走りもできそうではありますけどね。牡馬にしては線の細いところがありましたが、乗りながら体重もじんわり増えていますし、ここまでの成長過程に問題はないですね。引き続き坂路で鍛えてトモや体に厚みとパワーを出していけたらと考えています」

(2017.03.15)

 

(ノーザンファーム空港)
週2回900m坂路×2本(F17)、週1回900m坂路×1本(F16)、週2回周回キャンター2500m。馬体重452キロ。
担当スタッフ「この中間もキャンターと坂路を併用して順調に乗り込んでいます。継続して坂路でF16秒を乗り進めても特に問題ないですし、連日力強い脚さばきで登坂してきます。乗りながら体が減ることもなく、肩回りの筋肉などもついて馬体の充実ぶりが目立ってきました。まだトモ高なので、ここからさらに良くなってきそうな雰囲気があります。捌きはいくらか硬く、父の産駒らしく適正はダートになりそうですね。今後はもうしばらくF16秒の調整を続け、状態を見ながらF15秒も織り交ぜていこうと思っています。しっかり乗り込んでさらに良い筋肉をつけていきたいですね」

(2017.02.28)

 

(ノーザンファーム空港)
週2回900m坂路×2本(F17)、週1回900m坂路×1本(F16)、週2回周回キャンター2500m。
担当スタッフ「今月はじめに短期リフレッシュを挟み、現在は元のメニューに戻して順調に乗り込んでいます。坂路は週3回ですが、F16秒で乗る日も設けて極めて順調。16秒の日は1本だけ乗るようにして、F17秒では2本乗るといった形を取っています。長めのキャンターもじっくり乗っていますし、坂路とコースを併用したメニューでしっかり負荷をかけながらも、馬にとってはバラエティにとんだ内容となっていて気分転換にもなっていると思います。今月を通して現行メニューを続け、来月頃からF15まで伸ばしていければと考えています。とても順調にきています」

(2017.02.15)

 

(ノーザンファーム空港)
週3回900m坂路、週2回周回キャンター2500m。馬体重451キロ。
担当スタッフ「この中間も坂路とコースを併用しながら順調に乗り込んでいます。週ごとにメニューをアレンジしていますが、先週は週3回坂路でハロン17秒のペース、週2回は周回キャンターでした。乗りながら動きにやわらかさが出てきましたし、メニューにメリハリを利かせることで馬もリラックスして動けるようになってきています。坂路だけだとガーッといってしまう馬もいますから、周回コースでゆったり走らせることも必要だと思います。もう少し暖かくなるまでは現行ペースで進め、3月、4月頃をメドに15−15まで上げていければと考えています」

(2017.01.31)

 

(ノーザンファーム空港)
ダク500m、キャンター2500m、週2回坂路2本(F17)。
担当スタッフ「この中間もキャンター調整と坂路を併用しながら順調に乗り込んでいます。以前はつなぎに硬さがありましたが、乗り込みを重ねるごとにそうした不安が感じられなくなってきました。これは嬉しい誤算。おかげでとても順調にきています。さほど馬体重のある馬ではありませんが、しっかり乗りながらもまだ余裕を感じさせます。当面は現行メニューを続けながら芯から強い体作りをしていければと思います」

(2017.01.13)

 

(ノーザンファーム空港)
ダク500m、キャンター2500m、週2回坂路2本(F17)。馬体重446キロ。
担当スタッフ「今月を通して順調に乗り込んでいます。月の初めに一週間ほどリフレッシュを図りましたが、その後は坂路でF17秒までペースを上げて乗っています。馬体も減っていないので問題ないでしょう。これから乗り込みながら筋肉をつけていきたいと思います。少し硬さがあるので血統通りダート向きだと思いますね」

(2016.12.26)

 

(ノーザンファーム空港)
ダク500m、キャンター2500m、週2回坂路2本(F18)。馬体重443キロ。
担当スタッフ「この中間も順調に乗り込みを消化しています。坂路では週2回2本乗っていますが、特に気になる点もなく軽快な捌きで駆け上げってきます。牡馬にしては若干線の細さを感じますが、馬体重は乗りながら伸びているので問題ないと思います。12月からは様子を見ながらもう少しペースアップを考えています」

(2016.11.30)

 

(ノーザンファーム空港)
周回キャンター2500m、週2回坂路1本(F18−20)。馬体重423キロ。
担当スタッフ「ブレーキングを滞りなく終え、現在は周回キャンター2500mをベースに週2回900m坂路を1本、F18秒から20秒ぐらいで乗っています。体重は減っていますが、この時期にしては毛艶もピカピカで体調は良さそうです。来た当初に比べて精神的な落ち着きも出ていますし、何の問題もなく順調ですよ。脚元の不安もここまで全くないので、このまま順調なら年内にはF15ぐらいを消化するところまでいけるかもしれませんね。至極順調です」

(2016.10.31)

 

(ノーザンファーム空港)
馬体重434キロ。
担当スタッフ「順調にブレーキングを消化しています。ここまで順調ですし、特に問題はありません。馬体重に大きな変化はないのですが、ここにきて歩きに力強さが出てきましたし、馬体に伸びと深みが増してよい雰囲気を保っています。このまま進めていきます」

(2016.09.30)

 

(ノーザンファーム空港)
馬体重437キロ
早来ファームでは18時間の夜間放牧を継続しながら、ウォーキングマシンや馬房内での背慣らし・騎乗などの初期馴致を進めていました。これまで小さめだった馬体は、夏を迎えて一段と充実度が増し、それに伴って大柄な仲間にも負けない勝気な行動も目立つようになりました。この時期の1歳馬ながら心身ともに力強さがありますので、今後の本格的な馴致メニューにもしっかりと応えてくれそうです。
(2016.08.31)

(早来ファーム→ノーザンファーム空港)
本日、ノーザンファーム空港へ移動しました。
(2016.08.26)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL