[引退]レッドオリアナ ダイワメジャー産駒

カレンブラックヒルに血統が近いシークレットジプシーの2014年産駒。
スプリント路線で活躍馬が多いダイワメジャー産駒で、母父の父ストームキャット。

骨折でデビューが遅れに遅れたものの、2017年8月13日新潟3歳未勝利芝1,800m戦でデビューも良いところなく16着。

そして9月17日ダート1,200mラストの未勝利戦もクビ差4着。

地方(名古屋 川西厩舎)へ移籍し、2017年12月20日の初戦。

2018年1月3日の2戦目。

2018年2月2日の条件戦3戦も3連勝で、中央への復帰が確定!!

ゲートの再試験も無事合格し、5月5日の東京ダート1,400m牝馬限定戦での中央復帰戦も大幅な馬体重もあり結果14着。

中央復帰戦第二戦は9月16日の中山最終12Rダート1,200m戦なんとか逃げ切りを図るも坂で失速し6着。

続く復帰後三戦となった10月14日新潟4Rダート1,200m戦は直線でやはり逃げ切れず6着。

その後も大敗を繰り返し権利を取れず・・・中央の壁は厚そうで、引退の二文字が…。

 

手塚厩舎から、石坂公一厩舎へ転厩初戦の新潟千直も、あえなくしんがり。

その後もチャレンジを繰り返すものの、後半で失速し、結局引退・・・。

 

oriana



■■ 基本データ ■■
牝馬・鹿毛・平成26年4月5日生まれ 
調教師:手塚貴久 → 川西毅 → 手塚貴久 → 石坂公一

■■ 血統 ■■
ダイワメジャー 母父 シーオブシークレッツ
シークレットジプシー 母母 ミスウタゲ

 

■■ 戦績 ■■

2019年8月11日 小倉芝1,200m

3歳以上1勝クラス(牝馬限定) 18着(15頭中) 騎手/藤懸 貴志

 

2019年6月16日 阪神芝1,200m

3歳以上1勝クラス(旧500万条件) 11着(15頭中) 騎手/藤懸 貴志

 

2019年5月5日 新潟芝1,000m

4歳以上500万以下 16着(16頭中) 騎手/丸山 元気

 

2019年2月17日 小倉ダート1,000m
3歳以上500万牝馬限定戦 11着(14頭中) 騎手/嶋田 純次

 

2019年1月13日 中山ダート1,200m
4歳以上500万 14着(15頭中) 騎手/木幡 育也

 

2018年11月3日 福島ダート1,150m
3歳以上500万牝馬限定戦 6着(16頭中) 騎手/嶋田 純次

 

2018年10月14日 新潟ダート1,200m
3歳以上500万 6着(15頭中) 騎手/嶋田 純次

 

2018年9月16日 中山ダート1,200m
3歳以上500万 6着(16頭中) 騎手/大野 拓弥

 

2018年5月5日 東京ダート1,400m
4歳以上500万牝馬限定戦 14着(16頭中) 騎手/大野 拓弥

 

2018年2月2日 名古屋ダート1,400m
C2組(選抜) 1着(9頭中) 騎手/今井 貴大

 

2018年1月3日 名古屋ダート1,400m
C13戦 1着(8(7)頭中) 騎手/今井 貴大

 

2017年12月20日 名古屋ダート1,400m
C18戦 1着(8頭中) 騎手/今井 貴大

 

2017年9月17日 中山ダート1,200m
3歳未勝利戦 4着(18頭中) 騎手/大野 拓弥

 

2017年8月13日 新潟芝1,800m
3歳未勝利戦 16着(18頭中) 騎手/大野 拓弥


■■ 近況(概要) ■■

2019年8月14日 引退。
2019年8月11日 8月11日小倉12R-1勝クラス芝1,200m牝馬限定戦。小回りで逃げるものの、最終コーナーで捕まり粘れず15着。
2019年6月16日 6月16日阪神12R-1勝クラス芝1,200m藤懸騎手も、ゆるい馬場に阻まれ11着。
2019年5月5日 転厩初戦新潟9R芝千直、丸山騎手鞍上も途中から手応えなくなり16頭中16着という最悪の結果に。
2019年3月1日 手塚厩舎から石坂公一厩舎へ転厩
2019年2月17日 小倉ダート1,000m戦 嶋田騎手鞍上もまったく手応えなく11着
2019年1月13日 中山ダート1,200m戦 木幡育也騎手鞍上で先行有利なものの前半やり合い後半失速し14着
2018年12月27日 手塚厩舎に帰厩
2018年11月8日 ミホ分場へ移動
2018年11月3日 11月3日福島ダート1,150m牝馬限定戦、引き続き戦嶋田騎手鞍上で番手で競争するも最後失速し6着
2018年10月14日 10月14日新潟ダート1,200m戦嶋田騎手鞍上で再び逃げ切り計るも直線で失速し6着
2018年9月16日 9月16日中山12Rダート1,200m戦大野騎手鞍上で逃げ切りを図るも6着
2018年5月5日 中央復帰戦も馬体重-31kgが響き最後の直線で失速し14着
2018年4月13日 中央ゲート再試験無事合格
2018年4月11日 中央復帰戦は、5月5日東京ダート1,400m牝馬限定戦を予定(鞍上/大野騎手)
2018年3月29日 手塚厩舎に再入厩
2018年2月26日 中央復帰のため山元トレセンに移動
2018年2月2日 2月2日名古屋第6競走(選抜/ダート1,400m) 引き続き今井騎手1番人気持ったままで3連勝で中央復帰!
2018年1月3日 1月3日名古屋第3競走(ダート1,400m) 引き続き今井騎手1番人気持ったままで連勝
2017年12月20日 12月20日名古屋第3競走(ダート1,400m) 1番人気5馬身差の圧勝
2017年11月17日 11月23日名古屋川西厩舎へ入厩
2017年9月20日 名古屋川西厩舎へ転厩のため、リバティホースナヴィゲイトへ移動
2017年9月17日 中山ダート1,200m(未勝利)戦 大野騎手鞍上。最期見せ所があるものの4着。
2017年8月13日 新潟3レース3歳未勝利 芝1,800m戦 大野騎手鞍上でデビューも伸び悩み16着。
2017年7月14日 再度、山元トレセンに移動し、デビューに向けてカウントダウン。
2017年1月6日 左前橈骨遠位端骨折と骨片の除去で全治6ヶ月が判明し、デビューは早くても夏に…。
2016年11月30日手塚厩舎へ入厩

 

■■ 近況(詳細) ■■

引退

本馬は8月11日の小倉競馬に出走し15着での入線。果敢な逃げを打ち、直線でも見せ場を作りますが、終いの脚が続きませんでした。スピード能力には見るべきものがありますが、それを実践で生かせず、中央復帰後は同様のレースが続いたため、関係者間で協議をおこないました結果、残念ではございますがここで引退の結論に至りました。長い間、レッドオリアナ号にご声援いただき、ありがとうございました。出資会員様へは追って書面にてご報告いたします。

 

石坂公調教師「前走後は本当に精一杯走った様子で、興奮して水で体を冷やすことすら嫌がっていました。開業当時からここまでチャンスを頂いたにも関わらず、それを活かすことができず、出資会員の皆様にも馬にも本当に申し訳なく思っています」

(2019.08.14)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:引き運動 
石坂公調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。昨日はハミを噛むところがあって、気持ちも徐々に入ってきているようですが、今回はうちの厩舎に来てから一番状態も良さそうなので、前進してくると思います」
※今週11日(日)小倉12R3歳以上1勝クラス(牝)芝1200mに藤懸騎手で出走します。

(2019.08.08)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→坂路
CW 藤懸 51.9−37.8−12.3 馬なり
藤懸騎手「引き続き今朝も追い切りの動きは良く、雰囲気はいいですね。今回は体調もいいのでしょう。あとは内目の枠を引いてうまく立ち回って競馬をしたいですね」
※今週11日(日)小倉12R3歳以上1勝クラス(牝)芝1200mに藤懸騎手で出走します。想定から除外はありません。

(2019.08.07)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:引き運動
助手「ジョッキーの言う通り、ここまでは非常にいい雰囲気で来られています。懐いてくれますし、とてもかわいい馬ですよ」
石坂公調教師「引き続き順調に来ていると思います。来週は2鞍番組が組まれていますが、藤懸騎手はどちらも空けてくれているので、想定を見てどちらを使うか決めたいと思います」

(2019.08.01)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 藤懸 53.8−38.8−11.9 仕掛け
藤懸騎手「相変わらず雰囲気がいいですし、今日は4コーナー手前くらいから自分からグッとハミを取ってくれて、先週より動きも良かったです。これだけやっても落ち着きがあるのもいいですね。順調に来ています」

(2019.07.31)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:引き運動
石坂公調教師「今回は普段の調教から負荷をかけていますし、藤懸騎手もいい感触をつかんでくれて良かったです。予定通りこのまま小倉3週目を目標に進めていかせてもらいます」

(2019.07.25)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 藤懸 53.3−39.2−11.9 馬なり

藤懸騎手「前回に比べて、とても感触がいいです。落ち着きながらも適度に気合いは乗っていますし、力まずに走ることができていますね。喉も止め際に少し音がするくらいで、走っているときは気になりません。このままの感じで行ってほしいですね」

(2019.07.24)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→Eコース
石坂公調教師「今朝はEコースで軽めに乗ってみましたが、特に問題はなかったのでペースを上げていけると思います。今のところ、小倉3週目あたりを目標に進めていこうと考えています」

(2019.07.18)

 

グリーンウッドトレーニング

周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重461キロ。
予定どおり今週から距離を延ばすなど運動量を増やしています。相変わらずカーっとしやすいところがあり、ペース配分を苦手としていますが、脚元や体調面に問題はありません。早ければ来週中にも帰厩する可能性もあるため、次の火曜日に15−15を消化することにしています。

(2019.07.12)

 

グリーンウッドトレーニング

周回キャンター1500m、坂路1本。馬体重462キロ。
今週月曜日に乗り出しました。現在は周回コースと坂路を併用して調整しており、坂路ではF17秒ほどのペースで乗っています。気持ちは強いですが、その気持ちをコントロールできずにいてひと息で走ろうとするところがありますし、相変わらず頭は高く、息づかいもあまりよくありません。来週月曜日から周回数を1周延ばすことにしています。

(2019.07.05)

 

グリーンウッドトレーニング

トレッドミル調整。馬体重456キロ。
予定どおり今週月曜日からトレッドミルでキャンター調整を行っています。体調面は問題なく、カイバ食いも良好で体重が増えてきましたし、脚元などに問題はありません。週明け月曜日に乗り出す予定で、そのあとは周回コースと坂路を併用しながら進めていくことにしています。

(2019.06.28)

 

グリーンウッドトレーニング

マシン調整。馬体重448キロ。
入場後はマシンで調整しています。カイバはしっかり食べていますし、脚元や筋肉に目立った疲れもありません。今週いっぱいはマシン調整、週明けからもトレッドミル調整にとどめて馬体の回復を図ることにしています。

(2019.06.21)

 

6月16日レース後コメント(11着)

藤懸騎手「スタートも決まりましたし、思っていた通りの展開になり、いいポジションで競馬ができました。最後まで止まっていないのですが、3〜4コーナーで緩い馬場を気にして踏んで行けなかったので、良馬場の方が力を出せると思います。ダートを使うならもう少し短い距離の方が良さそうです。喉は最後まで気になるところはありませんでした」

石坂公調教師「今回は流れに乗れましたし、何とかレースの形は作れました。ジョッキーからも最後まで止まっていなかったとの話ですし、これなら小回りコースで前進できそうです。水曜日に一旦グリーンウッドへ移動させて、小倉開催を目標に厩舎へ戻そうと思います」

(2019.06.16)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:乗り運動 
石坂公調教師「今朝は乗り運動で調整しています。馬体重も先週より4キロ増えていましたし、追い切り後も体調面での心配はなさそうです。芝とダート両睨みでしたが、ダートは節の関係で除外の可能性もあったので芝1200m戦に向かうことにしました。前回は直線コースで参考外とは思っているので、巻き返したいですね」
※今週16日(日)阪神12R3歳以上1勝クラス・芝1200m(内)に藤懸騎手で出走します。

(2019.06.13)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 51.5−37.8−12.5 馬なり
石坂公調教師「CW単走で追い切りました。今日も止め際は少し喉の音がしたようですが、変わらず時計も出ますし、動きも良かったです。トモの腫れも今の感じなら大丈夫そうですし、想定を見て入りそうなら今週使うことにします」
※今週16日(日)阪神12R3歳以上1勝クラス・芝1200m(内)に出走を予定しています。想定から除外はありません。

(2019.06.12)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→Eコース
助手「投薬治療は日曜日で終わっていますし、引き続き軽めに乗っていますが、今のところ脚の腫れがぶり返すようなこともありません。来週の出走を視野に入れているので、このまま順調ならば調教師とも相談して、週末から少し時計を出してみることにします」
※6月16日(日)の阪神芝1200mかD1200mのいずれかを予定。

(2019.06.06)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→Eコース
石坂公調教師「先週金曜日は引き運動のみにして、土曜日には血液検査の数値も通常値まで下がり、腫れも治まりました。日曜日から軽めに乗り出しています。歩様は問題ありませんが、今週いっぱいは軽めの調整に留めるつもりです」

(2019.06.05)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:引き運動 
石坂公調教師「昨日の追い切り後に右トモの球節部が浮腫んだため、今朝血液検査を行いました。検査の結果白血球の数値が高く、獣医師によると、このまま放っておくとフレグモーネになる可能性もあるとのことでした。小さな傷から菌が入ってしまったようです。今週は想定上節が足らず、元から除外になる可能性が高かったですが、万全を期すため出馬投票を見送って治療に専念することにします。3週目に番組があるので、そこに目標を切り替えて調整していきます」
※今週2日(日)阪神8R3歳以上1勝クラス(牝)芝1200m(内)に幸騎手で出走を予定していましたが、出走を回避しました。

(2019.05.30)

 

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 50.2−37.1−12.9 馬なり
石坂公調教師「気分を変えてみてもいいかと思い、今朝はCWコースで追い切りました。止め際に呼吸が少し荒くなるようなところはあったようですが、追い切り中の息遣いは問題なかったようです。調教での動きは変わらずいいですね」
※今週2日(日)阪神8R3歳以上1勝クラス(牝)芝1200m(内)に幸騎手で出走を予定しています。想定からは除外の可能性があります。

(2019.05.28)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場
石坂公調教師「今朝は常歩での乗り運動と角馬場でダクを踏み、1時間ほどのメニューをこなしました。追い切り後も変わらずきていますし、当初考えていた通り、来週の出走を目標に進めていくことにします。鞍上は最後まできちんと追ってきてもらえる幸騎手に依頼しました」
448キロ
※6月1日(土)阪神8R(牝/芝1200)を幸騎手で予定。

(2019.05.23)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.6−39.8−26.7−13.5 馬なり
石坂公調教師「中間はゆったり走らせていることを心がけていたのですが、追い切りに行くと気負ってしまい、予定していたより時計は速くなってしまいました。今週はこれ以上速いところはやらずに、軽めの調整で進めていくことにします」

(2019.05.22)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→Eコース
石坂公調教師「引き続きEコースで軽めの調整です。今週はこのまま軽めの調整を続けていくつもりです。次走についてですが、前回は直線コースの適性がもう一つという部分もあったので、もう一度芝を使ってみたいと考えています」

(2019.05.16)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→Eコース
石坂公調教師「中間は日によって坂路かEコースに入れて軽めに調整しています。若干前の捌きに硬さが見られるので、軽めの調整を続けて疲れを取りながら進めていくつもりです」

(2019.05.15)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:乗り運動
石坂公調教師「今朝も引き続き軽めの調整です。例年京都は節がなくても入りそうなので、このまま立ち上げていって、様子を見ながらどこを使うか考えていくつもりです」

(2019.05.09)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:乗り運動
石坂公調教師「前目につけることができたので、最低でも掲示板くらいはあると思ってレースをみていたのですが、結果を出すことができず申し訳ありませんでした。レース後、丸山騎手とも話をしたのですが、芝の適性がないわけではなく、直線1000mが合わないとのことでした。レース後も変わりありませんが、馬体は減ってしまっているので、まずは回復を優先して進めていきます」

(2019.05.08)

 

5月5日レース後コメント(16着)

丸山騎手「スタートはしっかり出てくれて楽に前目を取れました。途中までは良い位置で運ぶ事ができましたが、3F目付近のスピードが上がるところで周りについて行けず、フォームがバラバラになってしまい、最後もダラーっと走っている感じでした。芝コースが合っていない訳ではありませんが、ダート戦よりも相手は速くなりますし、今日は力負けのような感じがします。喉の方は返し馬とレースで止めがけに少し鳴るくらいでレース中は大丈夫でした。状態も良いと思いましたし、馬っぷりは悪くないので、次はダートに戻してみても良さそうです」

(2019.05.05)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→Eコース
石坂公調教師「坂路で最終調整をするつもりでしたが、故障馬が出て閉鎖されてしまったので、Eコースで乗りました。丸山騎手には癖などは伝えてありますし、あとはこの条件で何とか変わり身を見せてほしいですね」
442キロ
※今週5日(日)新潟9R4歳以上500万下・芝1000mに丸山騎手で出走します。

(2019.05.02)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 65.9−49.1−32.1−15.9 馬なり
石坂公調教師「月曜日に坂路で追い切りを済ませました。最後は一杯になってしまったのですが、テンから併せ馬で追走させたので、掛かり気味になった分で、喉の影響ではなさそうだと騎乗した助手は話していました。普段の普通キャンターではだいぶ折り合いがつくようになってきています」
※今週5日(日)新潟9R4歳以上500万下・芝1000mに丸山騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

(2019.05.01)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場
石坂公調教師「今朝は乗り運動とダクで調整しました。追い切り後も状態に問題はありません。今週特別登録はしましたが、条件をガラッと変えて前進を狙っていきたいので、来週の1000m直を使いたいと思います」
馬体重444キロ

(2019.04.25)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.9−39.3−25.6−13.0 強め
石坂公調教師「今朝は坂路でしっかり追いました。折り合いもしっかりついていましたし、良い雰囲気でした。今日は喉の音を聞きたかったので坂路上で見ていたのですが、音は気になりませんでした。投薬の効果もありそうです」

(2019.04.24)

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:引き運動 
石坂公調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。馬体重は450キロでした。昨日獣医師に馬体チェックしてもらいましたが、まだまだ攻めていける状態との診断でした。喉の対策として、去痰剤を処方してもらっています。前走を見るとコーナーでブレーキがかかってしまっていたので、直線コースを試してみたいと考えていますが、一応前の週の芝1200mも特別登録することにしています」
※5月5日(日)新潟9R(芝1000m)を丸山騎手で予定

 

栗東:石坂公一厩舎

調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 57.2−42.6−28.2−13.8 馬なり
助手「喉の音は気になるものの、これくらいのペースだと、馬も気持ちよく走れているようです。気のいいタイプで、馬っぷりや走りはこのクラスで十分足りると感じますし、何とか結果を出したいところですね」

(2019.04.17)

 

石坂公厩舎

調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 61.0−45.7−30.3−15.0 馬なり
石坂公調教師「今朝は坂路を上げましたが、かなり行きっぷりは良いですね。今日のペースくらいだと、一生懸命走っているなという感じで、喉はそこまで気にならなかったようです。内視鏡検査については、もう少しトレセンの環境に慣れさせながら、考えていくことにしています。次走については、新潟の芝1200m戦か1000m戦をこれからの調整の進み具合で使う予定でいます」

(2019.04.11)

 

グリーンウッドトレーニング

周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重470キロ。
この中間も順調に調整しています。今週火曜日に13−13を消化しましたが、馬なりで13秒を切るなど予想以上の動きを見せていました。スピードはなかなかのものです。負荷をかけてからもカイバ食いや体重に変動はなく、心身ともにフレッシュな状態を保っています。早ければ来週中に栗東・石坂公厩舎に帰厩する予定となりました。

(2019.04.05)

 

グリーンウッドトレーニング

周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重470キロ。
予定どおり今週火曜日に1本目の15−15を消化しましたが、時計には対応できても相変わらず息づかいは荒く、頭の高い走法が目立ちました。体調は自体は安定していて食欲旺盛、馬体重も増えて体をひと回り大きく見せています。来週火曜日には13−13ほどの時計を出す予定で早ければ再来週にも栗東・石坂公厩舎に入厩することになりそうです。

 

グリーンウッドトレーニング

周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重458キロ。
調整は順調で今週から距離を延ばすなど運動量を増やしました。コントロールが利いた状態で走っていますが、頭が高い走法のせいか、背中や腰に疲れがたまっているので定期的に高周波治療やショックウェーブ治療を施していきます。来週から15−15を始めます。

(2019.03.22)

 

グリーンウッドトレーニング

周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重460キロ。
予定どおり今週月曜日に乗り出しました。現在は周回コースと坂路を併用して調整しており、坂路ではF17秒ほどのペースで乗っています。乗り出してすぐは周回コースでハッキング調整を行っていましたが、軽めの調整でも呼吸音は聞こえていました。いまのところ来週から距離を延ばすなど運動量を増やして様子を見ることにしています。

(2019.03.15)

 

グリーンウッドトレーニング

トレッドミル調整。馬体重451キロ。
今週月曜日からトレッドミルで調整しています。元気いっぱいで体調面は問題ありませんし、カイバ食いもよく入場時から体重が10キロほど増えるなど順調に回復しているので、来週月曜日から乗り出す予定です。

(2019.03.08)

 

グリーンウッドトレーニング

マシン調整。馬体重448キロ。
今週水曜日に入場しました。きのう(木)静止した状態でノドの内視鏡検査を行いましたが、獣医師によると、左右の弁の動きに大きな問題はなく、ノド鳴りの症状としては重度ではないということでした。また、弁の周りに炎症が見つかりましたが、それもノドが鳴る要因としては認められないという見解でした。手術などの処置は検討はされておらず、今後はグリーンウッドトレーニングに在厩したまま調整を進める予定。来週はトレッドミルで調整し、再来週から乗り出しますが、速い時計を出すなど動かしてみてノド鳴りの症状がどの程度のものか確認することにしています。

(2019.03.01)

 

島上牧場

436キロ。
馬体チェックを行いましたが、レースを使ったなりの疲労感はあるものの、脚元など馬体に異常は見られません。少し気は立っていますが、飼い食いは良くなってきています。グリーンウッドに移動後、内視鏡の検査を行う予定です。

(2019.02.22)

 

島上牧場

本日、島上牧場に移動しました。
手塚調教師「レースでは良いポジションを取れたのですが、3コーナー過ぎから頭を上げていましたし、直線ではパッタリ止まってしまいました。結果を出せず申し訳ありませんが、近走の最後の止まり方を見る限り、考えられるとすれば喉鳴り症状の悪化が考えられます。こちらに戻して検査する事も考えましたが、小倉からの輸送で負担が掛かる事は避けたいので、いったん栗東近郊にある島上牧場に移動させています。今朝、無事に到着したようで、今のところ脚元も問題ないとの報告を受けています。ただ、馬体重が436kgと減っているので、まずは馬体の回復を優先してもらい、落ち着いてからグリーンウッドトレーニングに移動、それから改めて喉の検査を受ける予定でいます」

(2019.02.21)

 

2月17日レース後コメント(11着)

嶋田騎手「今日は番手くらいのつもりでそこまで無理して出していってはいないのですが、3コーナーあたりから息遣いが悪くなって頭を上げてしまって、そこからは全く手応えがありませんでした。馬体もそこまで減っておらず、雰囲気は悪くなかったのですが…すみません」

(2019.02.17)

 

美浦:手塚貴久厩舎

昨日ダートコースで追い切り、本日は厩舎周りを曳き運動。
2/13(水)小倉D 嶋田J 66.2−52.0−38.0−12.1 馬なり

嶋田騎手「今週もダートコースで追い切っています。フットワークにはまだ硬さが見られますが、先週よりは良くなってきたと感じました。気で動ける馬なので、終いまで手応え良く走れて動き自体は悪くなかったですが、気がかりなのは息遣いですね。元々普段の稽古から喉が少し鳴っている状態ですし、舌を縛っていてもレースでは残り200mでパタッと止まってしまいますから。今回は距離短縮が良い方に出て欲しいと思います」
手塚調教師「先週よりは硬さも和らいで来ているようですし、追い切りもまずまずの動きだったと思います。飼葉も食べていて小倉の環境にも慣れているようですね。状態も整いましたので、日曜の小倉2R(D1000m)を嶋田騎手で使います」

(2019.02.14)

 

美浦:手塚貴久厩舎

本日ダートコースで追い切り
小倉ダート 嶋田J 67.5−52.9−38.1−12.3 馬なり

嶋田騎手「昨日はダートコースで軽めに乗りましたが、先週末に楽をさせた分、元気がありました。今日は単走で追い切っています。行く気があるので時計は出ているものの、乗っていて硬さを感じました。今週使えない事もありませんが、良い時に比べると調子がひと息に感じます。日を追うごとに環境に慣れて、飼葉の量も増えているので、乗り込みを継続しながら調子を戻していきたいですね」
手塚調教師「先週の木曜日、無事に小倉競馬場に到着しましたが、着いてからの夕方と翌日の朝飼葉をほとんど食べませんでした。熱発などはなかったものの、大事を取って先週末は軽めの運動だけにしておきました。徐々に飼葉を食べるようになっているので、今週火曜日から乗り出して、今日は追い切りを消化しましたが、騎乗した嶋田騎手からも本調子ではないとの助言があったので、無理せず今週の出走は見合わせる事にします。来週はD1000mの番組は1鞍しかないですが、節で入るなら使うつもりなので、しっかりコンディションを上げていきたいと思います」

(2019.02.07)

 

美浦:手塚貴久厩舎

助手「今日の正午に小倉競馬場に到着しました。今のところ輸送熱もありませんし、体調も問題ありません。まだ体重は計っていませんが、馬運車の中でもこの馬なりに食べていたので心配ないと思います。明日は曳き運動だけにして、大丈夫そうであれば土曜日から乗り出していく予定です」

(2019.01.31)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「今夜7時に小倉競馬場に向けて出発する予定ですので、今日は曳き運動だけにしています。先週、喉の内視鏡検査を受けて診断こそ大丈夫でしたが、乾燥する時期や風で砂埃が舞う時期は息もし辛くなるとの見解でしたので、引き続き稽古の段階から舌を縛って対応したいと思います。体調そのものは良いので、レースは節で入れば来週の小倉D1000mの番組に投票する予定でいます」

(2019.01.30)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、坂路1本。
助手「今日は角馬場で長めに乗ってから坂路1本のメニュー。しっかりとした走りで問題なさそうですね。テンションも上がらず、ちょうど良い気合い乗りだと思います。前走後から飼葉の食いは落ちているものの、今日は鞍を着けて456キロと前走くらいの数字はあります。この後もしっかり食わし込んでいきたいと思います。今日の夕方に喉の内視鏡検査を受ける予定になっています」

【追記】
喉の内視鏡検査を受けたところ異常所見は見られませんでした。乾燥する時期や砂埃が舞う時などに強く鳴る傾向にあるので、環境なども影響してくるのではないかとの見解です。

(2019.01.24)

 

美浦:手塚貴久厩舎

Aコースを1周後、坂路1本
坂路 67.4−49.6−32.8−16.3 馬なり

手塚調教師「今日はAコースと坂路1本のメニューで軽めに乗っています。この中間は飼葉の食いが落ちていますが、覇気はあって運動中の脚取りもしっかりしているので、体調面に問題はないと思います。近日中に喉の内視鏡検査を受ける予定なので、その結果を受けて今後のプランを決めていきたいと思います」

(2019.01.23)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場で運動。
手塚調教師「昨日の午後のチェックで脚元も違和感はなかったですし、飼い食いも悪くなかったです。今日も歩様のチェックを兼ねて角馬場で軽めに乗っていますが、使ったなりの硬さはあるものの、周回を重ねるうちにほぐれていったので大丈夫そうです。このまま厩舎に置いて進めていくつもりですが、来週どこかで喉の内視鏡検査を行う予定です」

(2019.01.17)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。レースは速いペースで行ってしまいましたが、今のところ脚元は大丈夫そうですし、飼葉の食いもしっかりしていますよ。しばらくは厩舎に置いて調整しつつ、タイミングを見て喉の検査を行う予定です。検査で異常が見られなかった時は次の小倉開催で使おうと考えています」

(2019.01.16)

 

1月13日レース後コメント(14着)

木幡育也騎手「返し馬では気にならなかったのですが、スタートしてレーススピードになると最初からヒューヒューと鳴っていて、息遣いが良くありませんでした。ポジションもハナにこだわってはいなかったので引こうと思っていたところに8番の馬が外から被せてきたので、そこで馬もスイッチが入ってしまいました。その後は何とか引いて3番手に収まりましたが、速いペースに付き合ってしまいましたし、喉も終始鳴ってましたから、最後はダラーっと流れ込むような形に。スピードがある馬なので良さを生かしたかったのですが…上手く乗れずすみませんでした」

 

手塚調教師「人気馬2頭に挟まれてしまって引くに引けなかったので脚を溜められなかったのもありますが、最後の止まり方を見ても喉に異常があるように思えます。追い切りでは喉が鳴る感じはなかったですが、この後は一度厩舎に帰ってから、喉の検査を受けることにします。結果を出すことができず申し訳ありません」

 (2019.01.13)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もスムーズで覇気もありますね。追い切った反動もなく飼葉も食べていて、馬体重は453キロ。体調は良さそうですよ。レースは日曜の中山5Rに木幡育也騎手で投票します。減量を生かしたレースができればと思います」

(2019.01.10)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ダートコースで追い切り
ダート 78.8−67.0−55.4−43.4−18.0 一杯

手塚調教師「今日は見習い騎手を背にゲートから発馬させて、そのまま追い切る形でやりました。ゲートが速い馬なのですぐに加速がついてしまい、そのまま勢い良く走らせたせいもあって、終いはバタバタになってしまいましたが、最初から4F目まではしっかり時計を出して負荷をかけられたのは良かったと思います。上がりの歩様も問題なく、レースに向けて態勢も整ったので、予定通り今週使う方向です。想定でメンバー構成を見ながら土日どちらにするか決めさせてもらいます」

(2019.01.09)

 

ミホ分場→手塚貴久厩舎

27日(木)美浦トレセンに移動します。

(2018.12.26)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。477キロ。
担当スタッフ「背腰の感じも良くなってきて歩様もしっかりしています。右半身に疲れの出やすい馬ですが、その辺も気を付けながら進めています。飼葉もしっかり食べていますし、馬体も良くなっていますね。1月中の出走を視野に近々トレセンに移動の予定です」

(2018.12.21)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。476キロ。
担当スタッフ「以前に出ていた橈骨の痛みもなく、しっかり乗り込めています。背腰も良い意味で変わりないですね。飼葉をよく食べて毛艶も良く体調は良さそうです。近々トレセンへ移動予定となっているので、何時でも移動できるように進めていきます」

(2018.12.14)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。464キロ。
担当スタッフ「まだ背中には少し張りはありますが、歩様は良くなって来て、飼葉もしっかり食べているので、今週からキャンターで乗り始めました。今のところ、橈骨も気にならないので、この後はケアしながら徐々にペースも上げて行く予定です」

(2018.11.30)

 

ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。463キロ。
担当スタッフ「先週末、社台の獣医が来たので、ケアの為にショックウェーブをしました。少し歩様に硬さもあって、右の背中にも張りがありますが、先週に比べると腰は問題ないので、週末か来週くらいからキャンターも入れて乗る予定でいます。喉の方は、相変わらず息づかいは良くないのですが、今程度の調整なら問題はありません。飼葉はしっかり食べているので体は良くなっています」

(2018.11.23)

 

ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。456キロ。
担当スタッフ「先週来場してチェツクしましたが、歩様に少し硬さがあって背腰にも張りがありました。膝は問題ないので、今週からケアしながら軽く乗り始めました。まだ、背腰に張りはありますが、歩様は良くなっているので、この後もケアしながら進めていきます。飼葉は前回時よりは食べています」

(2018.11.16)

 

ミホ分場

担当スタッフ「昨日入場しました。競馬を使った後なので、今週いっぱいは脚元、背腰をケアしながら、マシンでゆっくり進めます。週末か、週明けに獣医に診てもらい、問題ないようなら来週から軽く乗り出す予定です」

(2018.11.09)

 

ミホ分場

本日、ミホ分場に移動しました。

(2018.11.08)

 

手塚厩舎→ミホ分場

厩舎周りを曳き運動。
手塚師「レースは上手く立ち回れたのですが、どうしても最後に甘くなったところをやられてしまいますね。今日は厩舎周りの曳き運動で調整していますが、使ってきたことで歩様に硬さが見られますね。体も萎んで映ります。権利も取れなかったので、ここで一息入れてリフレッシュを図ります。明日ミホ分場へ放牧に出します」

(2018.11.07)

 

11月3日レース後コメント(6着)

嶋田騎手「今日もスタートは良かったのですが、内から逃げを主張してくる馬がいたので、無理せず番手から運びました。序盤で外から被されるのと前に壁を作れなかったことはありますが、道中で息も入りましたし脚も溜められたと思います。4コーナーまで楽な手応えで回ってこられたので、あとは追い出しのタイミングだけでしたが、逃げていた馬が直線で早々に下がってしまい、オリアナが早めに先頭に立たされて後続の目標に。この馬も脚は使えているのですが、上位の馬たちには最後の決め手でやられてしまいました。後ろからレースをしてみても使える脚が短いので、前で何とか粘り込みたかったのですが…。前走から状態も維持してくれていたので権利は取りたかったのですが、結果を出せず申し訳ありません」

(2018.11.03)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場で運動。
助手「今日は角馬場で軽く乗って調整しています。出掛けの歩様からしっかりしていましたし、脚元も変わりないので追い切った反動はなさそうですね。連戦で使っているので少しカリカリしてテンションも上がっていますが、その辺りは十分に気を付けて対応しています。馬体重は鞍を着けた状態で451キロ。先週から減っていますが、状態は維持しています。先生と相談して牝馬同士の土曜の7レースに投票する事にしました。鞍上は引き続き嶋田騎手でいきます」

(2018.11.01)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 70.7−55.5−41.2−13.0 強め
内リノワールド馬なりに5F0.4秒先行1F併せ0.4秒遅れ

助手「ウッドでオリアナが先行して追い切りました。下ろしがけから抑え込まずに気分良く行かせたので最後は遅れましたが、先週のポリほど走りやすい条件ではなかったですし、相手も格上馬でしたからね。この馬なりに動けていたので心配ないと思います。背腰の感触も良くなって来ていますし、息遣いもしっかりしています。引き続き良い状態でレースに向かえると思います」
手塚調教師「今日は格上の稽古駆けする馬と併せたので、見てくれは良くないかもしれませんが、オリアナ自身も動きは悪くなかったので悲観する事はありません。この中間も入念にケアしながら進めていますし、飼葉の食いも安定していて状態も保っているので、予定通り今週使います。想定を見ながらD1150m戦で使えるところに投票します」

(2018.10.31)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もしっかりしていますし、運動中も落ち着いて歩けていました。飼葉も完食してくれていて、馬体重は裸馬で452キロ。背腰のダメージも感じさせません。来週レースを使う予定なので、このまま状態を維持していきたいと思います」

(2018.10.25)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ポリトラックコースで追い切り
ポリ 69.4−53.4−39.1−12.7 馬なり

助手「立ち上げまでゆっくり休ませた事で背腰の疲れは解消しています。今日は単走で走りやすい面もあったのか、フットワークが素軽く動きもしっかりしています。息遣いも気になりませんし、体調面は引き続き良好です」
手塚調教師「先週まで楽をさせて疲れを取る事を優先しましたが、思った以上に回復も早いので、今日から追い切っています。1頭だった事でリズム良く走れていましたし、状態も変わらずしっかりしていますね。節で入るか分かりませんが、今のところ来週の福島D1150mの3鞍どこかで使えるところに投票しようと思っています」

(2018.10.24)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場で運動。
助手「今日も角馬場で軽めに乗って調整しています。まだ背腰に疲れが残っている状態ですし、前走後も何日間は背腰の疲れも抜けなかったので、しっかり体のメンテナンスを行いながら進めていきたいと思います。飼葉はこの馬なりには食べているので、調子落ちは感じませんよ」

(2018.10.18)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場で運動。
手塚調教師「使った後なので角馬場で軽めに乗って調整しています。背腰には疲れが見られますが、歩様などは気になりませんし、飼葉もこの馬なりに食べてくれています。レースではスタートこそ良かったものの、後ろからプレッシャーを掛けられてしまい溜めるところを作れなかったですね。最低限権利は取りたかったのですが。それでも体調面に陰りはないので、このまま厩舎に置いて福島開催で使う方向でいきたいと思います」

(2018.10.17)

 

10月14日レース後コメント(6着)

嶋田騎手「スタートが良くてダッシュがつきましたし、内の馬もそれほど張ってこなかったので逃げる形になりました。先頭に抜けたところで息が入れば良かったのですが、斜め横でピッタリとプレッシャーをかけられたのでペースを落とすに落とせませんでした。速いのは分かっていましたが、引けなかったのでそのまま行かせるしかなくなってしまいました。それでも直線に入ったところで振り切れましたからね。なんとか頑張ってくれと思いましたが、最後の1ハロンで息が上がってしまいました。途中で息が入れば、最後ももっと頑張れたと思います。返し馬を終えた時点では息使いが荒かったですが、競馬では気にならなかったのでノドも大丈夫そうですね。芝でのダッシュが良かったので芝もこなせそうですが、スタートがいいだけに今はダートの短いところがいいと思います。結果を出せずすみません」

(2018.10.14)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので曳き運動で調整しています。歩様もスムーズでトモに疲れも残っていません。気合い乗りも良く、飼葉もしっかり食べています。馬体重は裸馬で454キロと増えているので、コンディションも良いですね」
※14日(日)新潟4R(D1200m)に嶋田騎手で出走します。

(2018.10.11)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ポリトラックコースで追い切り
ポリ 68.1−52.2−38.1−12.2 馬なり
内レッドオリアナ馬なりと5F併せ併入
中ロードライト強めと5F併せ併入
助手「角馬場で体をほぐしてからポリトラックコースで追い切りました。下ろしがけから併せて行くような形で最後は一番外を走らせました。道中行きたがる感じはあったものの、折り合いはしっかりついて終始良い手応えで走れました。終いも直線半ばまでは持ったままで、最後も手綱を揺すってからグッと反応してくれてしっかり動けていたと思います。この中間の稽古でも息遣いが悪くなるような事はなかったですし、上がりの運動でも気になりませんでした。先週今週と感触も良かったので、レースでも頑張って欲しいですね」
手塚調教師「レースを1度使った事で追い切り時の動きも更に良化したように感じますし、レースも前回より走りやすいのではと思います。予定通り今週使いますが、土曜新潟3Rが除外になりそうな時は、日曜の4Rに回る事にします。乗り役は嶋田騎手でいきます」

(2018.10.10)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ポリトラックコースで追い切り
ポリ 66.7−51.8−38.0−12.5 馬なり
中ロードライト一杯と5F併せ0.2秒先着
内レッドリュンヌ仕掛けと5F併せ併入

助手「ポリトラックコースで3頭で併せました。テンに少し力みがありましたが、道中はそこまでハミを噛んで来なかったですし、力を抜くところもありました。今は乗っていても息遣いが良いですし、前半の立ち回りもスムーズ。直線で促してからもスッと加速してスピードの乗りもよかったですし、最後も最先着と良い内容でした。この中間も飼葉をしっかり食べていて、今日の追い切り後に鞍を着けた状態で455キロ。特に変わった事もないので、良いリズムで調整ができていると思います」
手塚調教師「走りやすいポリということもありますが、全体の動きも良かったと思います。前走後から煩くなっている感じもないですし、脚元含めて体調面に不安はありません。これなら来週使えると思います。レースは来週土曜の新潟3R(牝/D1200m)を使いたいと思っていますが、牝馬限定戦は節で出られない可能性もあるので、その場合は日曜の4R(D1200m)に向かおうと考えています。乗り役はどちらのレースも嶋田騎手で予定しています」

(2018.10.04)

 

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周半。
助手「全休日明けになるので角馬場とAコースで軽めに乗って調整しています。角馬場の下ろしがけは少し硬いように感じましたが、周回を重ねるにつれてスムーズな運びになりましたし、Aコースに移動してからはしっかり動けていました。うるさい面もなかったです。飼葉も食べていますし、ここまでは順調ですよ」

(2018.10.03)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周半。
助手「今日も角馬場とAコースにて軽めに乗っていますが、遅めのペースなら雨で緩んだ馬場でも気にする事なく走れますね。フットワークも良かったと思います。気合いも程よく乗って調子はいいと思います。今日の馬体重は鞍を着けて456キロでした」

(2018.09.27)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周半。
助手「追い切りは今週末からやっていく予定なので、今日は角馬場とAコースで軽めに乗っています。そこまで煩い様子はなく、Aコースでも落ち着いていましたし、背中の感触もしっかりしていて走りの捌きも良かったです。今のところ飼葉も食べていますが、今後も飼い食いが落ちないよう注意しながら進めていきたいと思います」

(2018.09.26)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、坂路1本。
助手「昨日の午後のチェックでも脚元や歩様に問題はなかったので、今日から乗り出しています。角馬場でもフットワークはスムーズで硬さもなかったですし、坂路でも気負う事なく走れていましたよ。飼葉も食べてくれているので、使った後も体調面に陰りはありません。続けて使う予定になっているので、この後も入念にケアしながら、しっかり乗り込んでいきたいと思います」

(2018.09.20)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「使った後なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様もしっかりしていますし、馬は気も入っているのでガタッときた素振りは見せていません。今のところ脚元も心配ありませんね。この後はこのまま厩舎に置いて、次の新潟開催に向けて進めていく予定です。馬体重が減らないように調整していきたいと思います」

(2018.09.19)

 

9月16日レース後コメント(6着)

大野騎手「スタートはしっかり出てくれましたし、二の脚も付いたので、引っ張っらずにハナを取りました。走りのリズムも良く、前半は上手く立ち回れていたと思います。3、4コーナーから勝馬にプレッシャーを掛けられましたが、怯む感じもなく良い手応えで直線へ。追い出してからも脚は使えていて、差し返す感じもあったのですが、残り100mでパタッと止まってしまいました。今日は喉も気にならず息遣いもしっかりあったので、原因になると言えば久々の分ということでしょうか。それだけにレースを叩いて良くなりそうですよ。左右の回りはどちらでも対応できると思います。距離もこれくらいがちょうど良いですね」
手塚調教師「体も維持できていましたし、乗り方は大野騎手にお任せしていましたが、スピードを見せてくれましたね。無理に押して行った訳ではありませんし、楽に運べていたと思います。終いも見せ場たっぷり。何とか権利を取りたかったのですが、レース間が開いていたのが、最後の最後に影響したようです。それでも喉が鳴って止まったわけではないので、今回使った事で次はさらにパフォーマンスも上がって来るはずです」

(2018.09.16)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切った後も脚元は落ち着いていますし、体が張っているようなところもありません。運動中の脚取りも問題ないですよ。昨日の追い切りもしっかりやりましたし、本数も重ねているので、馬体重は450キロと減っていますが、体調自体は問題ないので、レースでも力を発揮できる状態にあると思います」

(2018.09.13)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 68.6−53.4−38.7−13.2 強め
外レッドリュンヌ強めと5F併せ併入

助手「角馬場調整後、ウッドコースで追い切りました。先行したリュンヌを前に見ながら、最後は内に入れました。今日は馬場も走りやすかった事もあって、テンからリズム良く動けていましたし、コーナーの立ち回りもスムーズでした。終いもバテずに余力を残して走れていましたい、先週よりも素軽さがありました。舌を縛っているので、息遣いも問題ありませんし、今週使える状態に仕上がりました。16日の中山12R(D1200m)を大野騎手で使います」

(2018.09.12)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様はしっかりしていますし、体にも張りなど出ていないので、追い切った反動は見られません。首付近の硬さもないですよ。飼葉もしっかり食べていて馬体重も460キロまで増やせているので、ここまでは順調に調整できていると思います」

(2018.09.06)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 70.3−55.3−40.9−13.7 馬なり
内シャドウハンター馬なりと5Fから併入

助手「角馬場で体をほぐしてからウッドコースで追い切りました。3頭併せの先頭から直線は外に出しました。馬が行く気になっていたのでテンの入りが速くなってしまいました。雨の影響で馬場が重くなっていたので、入りが速くなった分、終いは余力がない感じでしたが、気持ちは最後まで切れていなかったので、その点は良かったと思います。息遣いも先週から良化していますし、舌を縛っているせいか、喉もほとんど鳴っていません。体調も安定しているので、今週末、来週と追い切ってさらに状態を上げていきたいと思います」
手塚調教師「今日は2歳馬の誘導をしながら、最後は後ろから来たオープン馬と3頭併せの形でやりました。下ろしがけに少し速くなってしまいましたし、最後は格上馬に遅れは取りましたが、全体の動きとしては悪くなかったと思います。今のところ来週使う予定なので、この後もこの感じで乗り込んでいきますよ。土日どちらの番組を使うかは想定を見ながら決めるつもりですが、鞍上は大野騎手にお願いしています」

(2018.09.05)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。クビ辺りに少し張りはありますが、背腰などに疲れは感じませんし、運動中の歩様もスムーズでした。テンションが高くなるところもなかったです。飼葉も与えた分は食べていて馬体重は裸馬で459キロ。今後は体が減り過ぎないようにしていきたいと思います」

(2018.08.30)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南ウッド 71.4−55.5−41.0−13.6 馬なり

助手「角馬場でジックリ乗ってから、ウッドコースにて単走で追い切っています。下ろしがけから落ち着いていましたし、道中も気分良く走っていました。今、ウッドコースのチップを入れ替えているので、3〜4コーナーや直線はボコボコしていて走りにくそうでしたが、最後までしっかり走り切ってくれたのは良かったです。ペースが遅かったことはありますが、息遣いも気にならなかったです。これから追い切りを重ねて状態を上げていければと思います」
手塚調教師「馬場コンディションが良くなかった中、1本目の追い切りとしては動きは問題なかったです。背腰の感触も悪くありませんでした。今日の動きを見て今のところ、9月15日か16日の中山D1200mの番組を使えればと考えています。この後もしっかり乗り込んでいきます」

(2018.08.29)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周。
手塚調教師「昨日帰厩させました。今日は運動初日なので角馬場とAコースで軽めに乗っています。歩様に少し硬さはありますが、そこまで気になる程ではないので、背腰も含めてしっかりケアしながら進めていきたいと思います。来週から追い切りを始めていきますが、まずは単走でどのくらい動けるか確認をしてから、その後に併せ馬を行っていく予定です。今のところ次の中山開催で使おうと考えています」

(2018.08.24)

 

ミホ分場→手塚貴久厩舎

23日(木)美浦トレセンに移動します。

(2018.08.22)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。477キロ。
担当スタッフ「少し歩様に硬さは出ていますが、暑さには耐えて元気もあります。飼葉もしっかり食べて体に張りがあって毛艶も良いので体調は問題ないと思います。背、腰、脚元も問題ないです。近々入厩の話も出ているので、この後もしっかり乗り込んで行きます」

(2018.08.17)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。475キロ。
担当スタッフ「徐々に歩様が良くなって動きもしっかりしてきました。橈骨は良くなってきたとはいえ、完全に不安がなくなるまでには時間もかかるので、この後もケアは怠りません。体はふっくら見せて毛艶も良いので、今後はあまり大きくなり過ぎないように気をつけていきます」

(2018.08.10)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25−25秒。478キロ。
担当スタッフ「徐々に痛いところもなくなってきて歩様も良化してきたので、今週から乗り始めました。今まで楽をさせていた分余裕のある馬体、この後はケアしながらじっくり引き締めていきます。暑さに耐えて飼葉もしっかり食べています。秋の中山を目標に進めていくことになります」

(2018.08.03)

 

ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。473キロ。
担当スタッフ「少しずつ右半身の張りは取れて来ていますが、まだ歩様を見てもしっかりしていないので、もうしばらくはケアしながらゆっくり進めます。それでもいまは毛艶が良く、体もフックラ見せて体調が良さそうです。体がパンとしてくれば走れる馬だと思っているので忍耐強くやっていきます。いまは増えすぎを心配するぐらいなので、これ以上太くならないように気をつけます」

(2018.07.27)

 

ミホ分場

マシン60分。ダクとハッキング15分。476キロ。
担当スタッフ「右前の橈骨が良くなってきたので先週から乗り始めたところ、右の首筋、背中、肘と張りが出て来たので、無理せずペースを落としてゆっくり進めています。獣医の診立てでは、乗り始めて今まで使っていなかった筋肉を使ったことによる疲労が出たとの事でした。水曜日に筋注で処置しています」

(2018.07.20)

 

ミホ分場

マシン60分。常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25−25秒。473キロ。
担当スタッフ「ショックウェーブ後、獣医に右前を診てもらったところ、ソロソロ乗り始めても良いとの事でしたので、今週から乗り始めました。体は立派になったので、脚元をケアしながら入厩に向けてしっかり乗り込んで行きます」

(2018.07.13)

 

ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。471キロ。
担当スタッフ「橈骨の痛みも多少落ち着いて来たので、ショックウェーブ治療をしてさらに良化を図っています。まだ、調整メニューはダクとハッキングだけですが、中途半端に乗ると長引くので、もうしばらくはケアしながら今の感じで進めます。体はフックラして来て良くなっています」

(2018.07.06)

 

ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。468キロ。
担当スタッフ「先週末、獣医にチェックしてもらい、右前の橈骨を気にしているとの事だったので、今週からペースを落としてゆっくり進めています。飼葉は食べているので、体重が増えて毛艶も良いので、脚元をしっかりケアしながら進めて行きます。膝、背、腰は問題ないです」

(2018.06.29)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25−25秒。
担当スタッフ「引き続き同じメニューで乗っています。しっかり距離も乗っていますが、飼い葉もしっかり食べているので体も465キロと増えてきました。毛艶や張りも良くなって体調はだいぶ上がってきた印象ですね。脚もと含め馬体に不安もないのでこのまま乗り込んでいきます」

(2018.06.22)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25−25秒。459キロ。
担当スタッフ「喉は前回の滞在時と同じくらい鳴りますが、キャンターでは普通に動けていますね。飼葉もしっかり食べているのでしっかり乗り込めるようになり、馬体に張りが出て来ています。膝や背腰を気にする感じもないので、入厩に向けてケアしながら乗り込んで行きます」

(2018.06.15)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3600mを25−25秒。463キロ。
担当スタッフ「先週から暑くなってきて体重も少し減ったので、今週は少し距離を短くして乗っています。そうしたら飼葉を食べるようになって体重も増えて体つきも良くなってきました。背腰に弱いところはありますが、ケアしながら乗っていけば問題なさそうです。この後も今の体重を維持しながら、入厩に向けて乗り込んで行きます」

(2018.06.08)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25−25秒。453キロ。
担当スタッフ「体重が増えて来たので今週から距離を延ばして乗り始めました。乗ってから少し減りましたが、飼葉はゆっくりですがしっかり食べているので、この後も乗り進めていけそうです。膝背や腰のケアしながら、もう少し増えるように食わし込みながら乗って行きます」

(2018.06.01)

 

ミホ分場

マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター3000mを25−25秒。455キロ。
担当スタッフ「飼葉をしっかり食べて体重も徐々に増えて来たので、今週からキャンターで乗り始めました。膝も問題なく、背腰の張りも取れて来ています。もう少し体重が増えて安定するまでは、乗る距離にメリハリをつけながら進めて行きます」

(2018.05.25)

 

ミホ分場

マシン60分、ダクとハッキング15分。449キロ。
担当スタッフ「徐々に飼葉を食べるようになって体は少しずつ戻って来ています。今のところ膝は問題ありませんが、競馬を使った後で背腰は少し気にするところがあるので、その辺は入念にケアしています。いまは体重を増やす事に重点を置いているので、もうしばらくはゆっくり進めて行きます」

(2018.05.18)

 

ミホ分場

マシン60分。
担当スタッフ「水曜日に入場して来ました。競馬を使った後で体も寂しく映るので、しばらくはマシンだけでゆっくり進めます。飼葉もしっかり食べさせて少しでもフックラするように努めます。レースを使うと背腰はどうしても気にするところがあるので、その辺もケアしながら進めて行きます」

(2018.05.11)

 

手塚厩舎→ミホ分場

本日ミホ分場へ放牧。
手塚師「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。使ったなりのダメージはありますが、そこまでガクッと来ているわけではないですし、飼葉もこの馬なりには食べていますよ。今日の運動後に診療所で喉の内視鏡検査を受けましたが、弁の戻りも正常ですし、安静時の時も大丈夫なようで早急に何か対策が必要という感じではないとの獣医師の見解でした。とりあえずは安心しましたが、引き続き普段の稽古やレースでは舌を縛っていきたいと思います。権利も取れませんでしたし、体もフックラさせたいので、今日ミホ分場に放牧に出します」

(2018.05.09)

 

5月5日レース後コメント(14着)

大野騎手「トモを落とす感じでゲートを出て行きましたが、その後はスピードに乗って3番手。上手く流れに乗って競馬をすることができました。ただ、直線に向いてからも最初は頑張っていたのですが、久々と体が大きく減っていたのが影響したのかバテてしまいました。心配していた喉の方はレース中も気にならなかったですし、体さえ戻ってくればスピードのある馬なので通用すると思います」

手塚調教師「トレセンで438キロでしたし、440キロくらいで出走できると思っていましたが、ここまで減ってしまうとレースにも影響があったと思います。喉の方は上がってきてからも息使いは気にならなかったですけど、トレセンに戻ってから改めて調べたいと思います。今日は体重も減ってしまって、結果を出すことができず申し訳ありません。次は体を戻して良い結果を出せるようにしたいと思います」

(2018.05.05)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は曳き運動で調整しています。運動中は多少テンションが高くなってしまうところもありましたが、全体を通してはリラックスして歩けていました。馬体重は438キロと先週から減っていますが、状態面は良いので、このクラスでどこまで力が通用するかですね」

(2018.05.03)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
4/29(日)坂路 57.8−42.1−27.7−13.9 馬なり
5/2(水)南ウッド 大野J 67.0−52.2−39.2−12.7 馬なり
外アロングショット馬なりを5F1秒追走1F併せ併入
大野騎手「今日は追い切りに乗せてもらいました。追走の形でしたが、下ろしがけから気分良く走れていましたし、脚もしっかり溜める事ができたので、追い出してからの反応もありました。喉は少し鳴っていますが、そこまで気にならなかったので、あとはレースでどれくらい影響するかだと思います。馬には覇気があって今週使える状態にあると思います」
手塚調教師「乗り込みを重ねて動きがスムーズになってきましたし、喉の方もそこまで鳴っていませんね。使える態勢が整ったので、予定通り今週土曜の東京を大野騎手で使います」

(2018.05.02)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。テンションが高くなることもなかったですし、全体を通してリラックスして歩けていました。歩様もしっかりしています。追い切り後の飼葉も食べていましたね。今日は裸馬で443キロと先週から増えているように、良いリズムで調整出来ていると思います」

(2018.04.26)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り。
南ウッド 70.5−55.4−40.1−13.0 強め
内リノワールド馬なりと5F併せ併入
助手「朝一番の組で角馬場でジックリ乗ってからウッドコースで追い切りました。オリアナが半馬身追い掛ける形でしたが、下ろしがけから落ち着いて走れていましたし、雨で馬場が悪い中でも、そこまで下を気にする感じはなかったです。仕掛けてからもしっかり反応してくれましたし、終いも楽な手応えとは言えないながらも、併せた馬に必死に食らいついていました。動きも徐々に良化してきましたし、息の方も舌を縛ってからは大丈夫です。今の感じなら来週は良い状態に整うと思います」
手塚師「追い切り本数を重ねて動きも良くなっていますし、息遣いなども大丈夫そうですね。ここまでは予定のレースまで順調に乗り込めています。今週末、来週と追い切って良い状態に仕上げたいと思います」

(2018.04.25)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。乗り込んできていますが、歩様はしっかりしていますし、覇気もありますね。飼葉も食べているので441キロと先週から少し増えています。追い切りではまだ物足りないところはありますが、レースまで2週間ありますし、この調子で乗り込んで状態を上げていければと思います」

(2018.04.19)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
4/15(日)坂路 57.4−42.8−26.9−12.7 馬なり
4/18(水)南W 松岡J 70.4−54.4−40.3−13.5 馬なり
内グランフルール馬なりと5F併せ併入
松岡騎手「ウッドコースで先行の形でしたが、まだフォームがしっかりしていない印象ですね。本数を重ねて気は入ってきているのですが、それがまだ動きにリンクしてこないですね。それでも馬場が悪い中、最後まで気持ちを切らさず走れていたのは良かったと思いますし、息の方もそこまで気になりませんでした。予定のレースまで時間もあるので、しっかり乗り込んでいけば態勢も整ってくるはずです」
手塚調教師「まだ物足りないところはありますが、動きはまずまずでしたし、入厩した当初に比べれば状態は良くなっています。この調子で乗りながら状態を整えていきます」

(2018.04.18)

 

美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ダートコースを半周、最後にゲート試験を受け合格。
手塚調教師「予定通りゲート試験を受けました。武藤騎手に乗ってもらいましたが、入りから駐立までスムーズでしたし、発馬もしっかり決められましたね。無事に試験をクリア出来たので、このまま乗り込んで調子を上げたいと思います。今回レースの鞍上は大野騎手にお願いしています」

(2018.04.13)

 

美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
手塚調教師「今日は厩舎周りを曳き運動で調整しています。出掛けの歩様も問題なかったですし、運動中も落ち着いていましたね。飼葉もこの馬なりに食べていますよ。地方出戻りのためゲート試験に合格しないといけないので、明日試験を受けますが、競馬を使っている馬ですし、その辺りは大丈夫だと思います」
※馬体重439キロ。

(2018.04.12)
トラックバック
この記事のトラックバックURL